ワインのお話:ワイン大好き屋です。フランスワインの歴史や種類、作り方などを紹介します。ワインのウンチクブログにできたらいいかなあなんて考えています。 フランスワインのお話:ワイン大好き屋: シャトー・ラフィット・ロートシルト(赤ワイン)
|

フランスワイン

シャトー・ラフィット・ロートシルト(赤ワイン)

1855年に格付けされたメドック第一級ワインの一つでポイヤック村にあります。

ルイ15世の時代にリシュリュー男爵がマダムポンパドールに勧め、ポンパドールが気に入って晩餐会では必ずラフィットを愛飲したことから貴族のステータスとして定着しました。

もともとは「セギュール家」のものだったのですが1868年にロートシルト家の所有となり名前が「シャトー・ラフィット・ロートシルト」となりました。


ブドウ栽培面積は約60haで年間25万本が作られます。


このワインはボルドーの有名な赤ワインの中で最もエレガントかつ繊細なワインといわれています。

ヴィンテージ:'75、'76、'82は特に傑出しています。


Wine for you :ワイン大好き屋 ☆ シャトー・ラフィット・ロートシルト
お酒のブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。