ワインのお話:ワイン大好き屋です。フランスワインの歴史や種類、作り方などを紹介します。ワインのウンチクブログにできたらいいかなあなんて考えています。 フランスワインのお話:ワイン大好き屋: AOCワイン アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ
|

フランスワイン

AOCワイン アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ

原産地統制呼称法(AOC)に基づいて作られたワインはAOCワインとよばれフランスの国家機関INAO(原産地呼称国立研究所)により統制されています。

AOCワインとなるにはその土地で収穫されたブドウのみを使用し、さらにブドウ品種、アルコール度数、収穫量、ブドウの糖度、醸造方法、など細かい規定があり、この規定をクリアしさらにINAOの検査を通過して専門の利き酒テストに合格する必要があります。

そのため、AOCワインの水準は常に高い位置で維持されています。

地域表示については地方->地区->村->畑と区分が狭く小さくなるにつれ規定も厳しくなり品質もより高いといえます。

例として:ボルドー(地域)→メドック(地区)→サンテステフ(村)→シャトーカロンセギュール(ぶどう園)

上記のように区分がしぼられるにつれ格が上になるということです。


お酒のブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。