ワインのお話:ワイン大好き屋です。フランスワインの歴史や種類、作り方などを紹介します。ワインのウンチクブログにできたらいいかなあなんて考えています。 フランスワインのお話:ワイン大好き屋
|

フランスワイン

シャトー・オー・ブリオン(赤ワイン)

1855年に格付けされたメドック第一級のワインです。

グラーヴ地区のぺサック村にあります。(メドック地区ではありません)

ボルドーワインの歴史古くローマ時代から少しずつ発達しはじめました。

その中で頭角を現してきたのがグラーヴ地区のワインで、特にこのブドウ畑が16世紀初めにジャンドポンタックにわたってから「ポンタック」の名前で親しまれました。


17世紀の後半には「オウ・ブリオン」と呼ばれヨーロッパ中に名声が響き渡りました。

その後現在の「オー・ブリオン」になりました。

そして1855年のパリ万国博に備えてのワインの格付けの際に、赤ワインはメドック地区のみで格付けされることになりましたがオーブリオンがあまりにもすばらしいということが評価されグラーヴ地区でありながらメドックの一級格付けに選出されたのです。


カベルネ・ソーヴィニヨン55% カベルネフラン20% メルロー25%を基本として栽培され、年間15万本程が作られます。


このワインは比較的熟成は早いのですが、長く保存できるワインでもあります。

過去の特に傑出したヴィンテージは'82、'86です。


Wine for you :ワイン大好き屋 ☆ シャトー・オー・ブリオン
お酒のブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。